Skip to content

Document GPS ヘルプセンター

対応アプリケーション:

サブスクリプションプラン:

サポート言語:

サポートオプション:

よくある質問

  • WEBクライアント : Gmail, Microsoft Outlook
  • デスクトップクライアント : Microsoft Outlook

可能です。Google WorkspaceまたはMicrosoft Office 365の管理画面での一括インストール操作でDocument GPSを一括インストールすることができます。詳しくは導入時に提供される管理者向けインストールマニュアルをご参照ください。

Document GPSは、以下のアプリケーションストアで取得可能です。

Chrome Web Store

Microsoft Office Store

Document GPSを使用して添付された文書はすべて暗号化され、ブロックチェーンと統合されて記録されます。送信者は、各添付書類のダウンロードや共有を許可する人を制御することが可能です。また、送信者は受信者が添付ファイルを閲覧、ダウンロード、共有した都度、タイムスタンプ付きの不変のログを保持することができます。

Document GPSは、エンタープライズ・ブロックチェーンの代表格であるHyperledger Fabricを使用しています。

Document GPSは、ドキュメントのセキュリティ、トラッキング、コントロール、生産性向上など、さまざまな機能を備えており、すべてメール環境を離れることなく、ネイティブに使用できます。たとえば、以下のようなものがあります。
  • ファイルを添付するためのネイティブな電子メール拡張機能 - アップロードされたすべてのファイルは、直ちに安全にトークン化され、ブロックチェーンと統合されます。同じファイルを異なるメールにも添付することができ、ファイルの重複保管を減らすことができます。
  • ファイル一覧でドキュメントが1箇所にまとまります。
  • 検索、ソート、カードビュー、ラインビュー、エンベロープ(フォルダ)ビューなどのドキュメント管理。
  • 受信者が添付ファイルを閲覧、ダウンロード、共有するたびに、タイムスタンプ付きのログが表示されるDocument GPS追跡画面。
  • エンベロップ・オーガナイザー(仮想フォルダー)、タグ管理機能
  • 直接受信者、間接受信者のインサイトを得ることができます。
  • ダウンロードと共有の権限をリアルタイムに管理
  • 共有及びダウンロード権限の要求
  • 共有済みのファイルに対する受信者のアクセス権を取り消すことができます
  • 受信者管理
  • プロファイルの管理
  • 通知とアラート
  • ブロックチェーンセキュリティとトレーサビリティ
  • 管理者用コントロールパネル

Document GPSモバイルアプリは、Envelope Organizerと管理画面を除き、Eメール拡張機能と同様の機能セットを備えています。また、モバイルアプリでは、ユーザーがデバイスのフォトアルバムから写真を選択したり、外出先で写真を撮影したりすることができます。モバイルアプリ内でアップロードされた写真や文書は、直ちに安全にトークン化され、ブロックチェーンと統合されて、安全かつ管理された共有と追跡、および証拠保全のために使用されます。

Document GPSは、以下のファイルタイプをサポートしています。
PDF, Microsoft Word, Excel, PowerPoint, JPEG, PNG
(textファイル、動画ファイル、Zipファイル、csvファイルなどには現状対応しておりません。)      

1通のメールに添付できるファイル数は60個までです。ファイルサイズ上限は、1ファイルあたり65MBです。アカウント全体の最大保存容量は、20GB×ユーザ数となります。容量は追加可能です。          

はい。CCおよびBCCで送信されたされた電子メール受信者も、Document GPSファイルにアクセスすることができます。送信者は、これらの受信者に対して共有可能およびダウンロード可能のアクセス権を設定できます。

可能です。受信してDocument GPSの添付ファイルの閲覧はできますが、Document GPSを利用した添付ファイルの送信はできません。全ての機能を利用するにはインストールが必要です。

受信者は、Document GPSをインストールする必要はなく、添付ファイルを閲覧することができます。受信者は、送信されたDocument GPSの添付ファイルにいつでも無料でアクセスすることができます。

ファイル一覧機能をご利用下さい。ファイル一覧は、メール画面からすぐに開くことができるファイルの一元管理画面です。ファイル一覧から過去の文書の閲覧や権限変更、検索などができます。

はい、Document GPSを使って、非常に大きなファイルでも安全に保存することができます。すべてのファイルはブロックチェーンと統合されており、これまでにないセキュリティ、所有権の証明、追跡機能を提供します。ウェブブラウザ、メール、スマートフォンから、Document GPSのダッシュボードであるファイル一覧を通じて、ファイルにアクセスすることができます。

Document GPSのモバイルアプリは現在準備中です。添付ファイルの閲覧や参照はモバイルブラウザからご利用下さい。

Document GPSヘルプセンター、管理者メールサポートなどのサポートを提供しています。

はじめに - Document GPSをインストールする

Document GPSを一括インストールする方法

一括インストールを利用しない場合のDocument GPSのインストール方法 (Gmail)

Document GPSの拡張機能がインストールされたら、Gmailの「メール作成」またはMicrosoft Outlookの「新規メール」をクリックして新しいメールを作成し、画面を更新してDocument GPS Extensionのオレンジ色のペーパークリップのアイコンが表示されるようにします。
          まだログインしていない場合は、「GOOGLEでログイン」または「MICROSOFTでログイン」をクリックして、メールアカウントと連動したDocument GPSにサインインしてください。

Document GPSを使用してセキュアに添付ファイルを送信する

通常通りメールを作成します。Document GPS を使用して添付ファイルを追加するには、ツールバー内の従来のペーパークリップの代わりに、オレンジ色のペーパークリップをクリックするだけです。すると、ファイルのアップロード画面が表示されます。

ファイルのアップロード画面では、以下のことができます:

          ファイルを添付し「送信」をクリックしてメールを送信して、ファイル共有は完了です。

受信者は受信したメールを開き、添付ファイルをクリックして、共有した安全なファイルを見ることができます。

初めて受信する人も、「GOOGLEでログイン」「MICROSOFTでログイン」の簡単なサインアップでファイルにアクセスが可能です。

ファイル一覧

ファイル一覧では、アップロードや受信した添付ファイル、そして全ての受信者をモニター、追跡、管理することができます。

          Gmail版では、コンパクトなウィジットを全体ビューに展開して利用することも可能です。

ファイル一覧からは主に2つのタブから機能が利用できます。:ドキュメントとエンベロープ(封筒)の機能です。

ドキュメント

        ファイル一覧のドキュメントタブからは、送受信、アップロードしたすべての添付ファイルをリストビューやカードビューで管理できます。 

タブ横断のグローバル機能:

各文書には、以下のような機能が用意されています。

タグとエンベロープ(封筒)の管理

タグとエンベロープ

タグとエンベロープでファイルやドキュメントを整理して管理しましょう。

以下のような機能が用意されています。

プロフィール

        プロフィール・アバター、氏名、Eメール、電話番号などのユーザープロフィール情報が表示されます。

通知機能

通知パネルでは、ファイルを共有されたときや、権限ステータスが変更されたときなど、アカウントで発生した重要なイベントを通知します。

その他の使い方

Document GPS拡張機能とWebビューアでのファイルの表示